あなたが飲んでいるのって、実はビールではないんじゃないですか?

世の中,国内大手メーカーがビールを始め、発泡酒やさらにそれよりお求め易いビール系の飲料の発売ラッシュです。

あなたも発売された新発売品を一通り飲んでみたのではないでしょうか?

しかし、厳密に言えば一部国内のビールを除いて、現在発売されている国内のほとんどの商品では、実を言うと

本来のビールではない

という事実をご存知でしょうか?

本来のビールとは?

実はこんなことを明文化しているんです。↓

ビール麦芽ホップ酵母のみを原料としたもの

至って端的な形で実は1516年のドイツにおいて制定されたのが、

ビール純粋令

現在での有効な食品に関する法律としては世界最古とのことです。(wikipediaより抜粋)



要はビール純粋令に記載されている以外の原材料を使用したものは、

ビールではない


ここで、ひとつ確認してほしいんです。
あなたがいつも愛飲しているビールの「原材料」の欄に、上記以外のものがもしかして記載されていませんか?

例えば・・・・

  • コーンスターチ
  • 糖類

  • 等など


先程の「ビール純粋令」からみてもわかるとおり、
ビール純粋令で指定されている原材料以外が添加されているのは、
ビールではなく発泡酒
という扱いに厳密に言えばなるのです。(ドイツ流)

あなたがよくご存知のスーパー●●●やラ●ービール、●ラベルは、本来のところで言う、ビールではなく発泡酒として扱われているものなんです。
(日本での酒税法上ではビールで分類されていますが)

大手ビールメーカーから販売されている中で、ビール純粋令に基づいて「ビール」と認定される商品は・・・・

  • アサヒ ザ マスター
  • キリン 一番搾り
  • キリン ハートランド
  • サントリー モルツ
  • サントリー プレミアムモルツ
  • サントリー カールスバーグ
  • サッポロ エビス

ざっとこんな感じです。

以外に少ない?ですか?


原材料はクリアしても・・・?


本来のビールは「ビール純粋令」に基づいた原材料を用いたものだけを「ビール」と呼ぶということでした。

しか~し、ビールを醸造する過程で、それらの先程列挙したビールでも一番旨味成分である
ビール酵母####
を取り除いているから、実は正真正銘の本物には今一歩なんです。

実はビール酵母を取り除いて販売しているのはメーカーの思惑があってという部分が大きかったりします。
ビール酵母を取り除くメーカーの思惑って・・・・

  1. ビール酵母」は言うなれば生きている細菌。これがそのままビールに入っていたら、必然的に賞味期限が短くなるために、流通の問題点から。
  1. ビール酵母」だけを取り出して、実は製薬メーカーや自社の健康食品として再販しているため。
    →かつて「ビール酵母ダイエット」なんて流行ったの覚えていない?

という風に作り手の都合で実はビールの一番の旨味のビール酵母を取り除いているという現実があります。



そんな中、やはりビール酵母を取り除いていない旨いビールってのがあるんですよね。

詳しくは下記をクリック♪
ビール