ワイン選びに迷った場合にチョイスするのは・・・

画像の説明

なんたって今は桜色のロゼワインですよ!!

ロゼワインと言えば・・・・

「甘い」 「初心者が飲むもの」

という認識を持たれていませんか?

ロゼワインはあわせる料理の幅が広く、
ワイン生産国での消費は、圧倒的に日本以上に多いのです。

(お食事とのバランスがいいから、ロゼワインをよくチョイスされているという裏付けにもなりますね)

さ~て今晩何を飲もっかな~
と迷われているのであれば、

「ロゼワイン」にしてみませんか?


今だからこそ、ロゼワインを選ぶわけは・・・


画像の説明

暖かくなるこれからの季節、是非おススメしたいロゼ・ワイン!

日本においては“初心者向け”のイメージが根強いロゼですが、
ヨーロッパを中心とした海外のワイン生産国では、夏をピークとした暖かい季節にはロゼを楽しむのがごく一般的となっています。

ロゼの魅力は、何といってもその美しい色!!

近年では日本においても、若い女性たちの間でロゼの
「洗練されたオシャレな雰囲気」
がちょっとした注目を集めています。

さらに、上質なロゼはフルーティでエレガント、そしてクリーンな味わい。

その見た目の色が食欲をそそると共に、食事をさらに美味しくしてくれる効果まであるんです。

ワイン・ビギナーの方からワイン通の方まで、十分に満足していただけるポテンシャルを秘めた、
“オールラウンドなワイン”ロゼで、
いつもの食卓を華やかにドレス・アップしてみませんか?


さまざまなお料理とのマリアージュ


画像の説明

ロゼは、幅広い料理に合わせられる便利なワイン。

赤ワインほどのタンニン分は含まれていませんが、十分な飲みごたえがあり、食事と共に楽しむことができます。

フルーツとも好相性で、特にイチゴやラズベリーなど、ベリー系の果実とのマッチングは抜群です!!

お料理では、魚貝類やチキン、ポークなどにもよく合いますし、適度なタンニン分があるので、ビーフにも合わせることができます。

また、和食にも、中華にもおすすめです。
特に中華料理との相性は抜群で、春巻や酢豚、またエビチリなどには、ロゼがピッタリ!!

未体験の方は、ぜひお試しください!


ロゼワインの美味しい飲みごろ温度

そんなロゼワインの飲みごろ温度は、約8℃。

キンキンに冷やしてから抜栓し、グラスに注いだ頃がこの位の温度です。徐々に温度が上がっても、10℃くらいまでは美味しくお楽しみいただけます。

ただし、これ以上温度が上がってしまうと、味わいのバランスがやや崩れてしまいますので、その場合は再度冷やしてみてくださいね。


それでは具体的なアイテムに参りましょう♪

次のページへ→ うっすらとしたピンク色がかわいらしい♥