うすにごりのそのスタイルが心地よい純米酒


画像の説明

すっぴんるみ子の酒 あらばしり純米酒 無濾過 生原酒  
(三重・森喜酒造場

この酒のネーミング、上手にできています。
出来たてほやほやの新酒でありながら、そのままを瓶詰めしているから「すっぴん」
しかも、すっぴんと表現するだけあってラベルもモノクロに印刷されています。

21BYの新酒の純米酒。
うすにごりと書いてある通り、グラスに注ぐと濁っています。

画像の説明

その証拠がこちら。⇒

どちらも同じ新酒の純米酒ですが、左のすっぴんるみ子のほうが、濁っている様が分かるかと思います。
これが「うすにごり」と言われる証し。

さてそんなすっぴんるみ子の酒ですが、さすがに荒走りというだけあって、ちょっと角がとがっている印象ですが、これも新酒のよさです。

しかし、写真のもう一つの新酒と飲み比べると・・・

しっかりとした筋の通った純米酒の中にも、優しい後味がいいんですよね。

さすが女性が作った酒とでも言うべきか、優しさと包容力を感じることが出来る新酒という印象です。

こんな言い方をするのはちょっと変かもしれませんが、作り手の気持ちやキャラクターが酒にも現れるのでは?と、すっぴんるみ子の酒を飲んで思った次第です。

そして、このるっぴんるみ子の酒も上記の通り、3本お求めの上、3回にそれぞれ分けて楽しんでいただきたいと節に思います。

どんな風に新酒が育っていくか、一緒に確認してみませんか?

すっぴんるみ子の酒 あらばしり純米酒 無濾過 生原酒  
720ml:1580円、1.8L:3150円

すっぴんるみ子は無濾過の生原酒なので、冷蔵庫保存が最適です。
そして原酒なので、それなりの度数(18~19度)がありますので、「濃いな~」と思われましたら、

  • 氷を入れてロック
  • 飲みやすい程度に水を入れて薄める

の飲み方でも一向に構いません。

如何ですか?
21BYの始まりに、すっぴんるみ子の酒からお試しになりませんか?


次のページ→活きているから・・・