自然派のビールってどういうこと?


画像の説明


ビールの一番の旨味成分、ビール酵母を濾過していないから、ビールが

んですね。

醗酵によって、炭酸ガスとアルコールが生まれます。
これがいわゆるあなたが普段飲んでいる「ビール」になるわけです。

そしてそのビールの下にたっぷりの栄養素を含んで沈んでいるものこそが、
「ビール酵母」
なんです。

そんなビールがコレです!!


画像の説明

銀河高原ビール 小麦のビール


このパッケージを見て、!って思った方もいらっしゃるのではないかと思います。

かつて熊本(阿蘇)にも工場&ビアレストランがありました。

大自然の中のビール工場&ビアレストラン、このビールのパッケージ同様、非常にコンセプトのあったスタイルでした。

が、残念ながら現在はクローズされており、そして今は岩手の唯一の工場から当店に直送されています。


画像の説明

で、どんなビールなの?


ビールの概要については
ビールって?
にも記載されている通りです。

実はそのビールって?にも書いていた通りの一本というのがこのビールとなるわけなんです。

それでは銀河高原小麦のビールのすごいとこをご紹介しますね。


前年比120%超も売れている


いろんなビール系ドリンクが(アルコール・ノンアルコール含む)が多数発売され消えていくアイテムもある中(実はカップラーメン同様に商品の入れ替わりが多い)、圧倒的に支持されているビールです。

飲んで美味しいから

という理由が続けてお求めいただいている証しなんです。

おかげさまで毎年100%超のペースで売れ続けているビールです。

支持していただいているあなたに、感謝の気持ちで一杯です。
あなたに、有難うございます!



本数を減らしてでも飲みたい!


いつもは発泡酒とかを飲んでいるんですが、このビールって少々いいお値段なので毎日飲むのは・・・って思っちゃうんですよ。

でも、このビールはいつもの発泡酒とかの本数を減らしてでも飲みたいビールなんですよ。


と言われた当店ご利用のO様(女性)。
彼女は小麦のビールの小瓶を愛飲いただいています。

ちなみに、このビールの、飲み方ってあるんですよ。
後程ご紹介いたします。

フツーのビールみたいに「ガ~」って飲んではいけません。
そんな飲み方したら、旨味半減!とっても損しますよ。




発酵研究家公認!体にいいビールがあるなんて!

東京農業大学教授の小泉武夫先生も認めたビールが、銀河高原ビールなんです。

小泉先生の専攻は発酵学。

発酵学とビール?
なんの接点があるんよ?
って不思議に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

その共通点は「ビール酵母」なんです。

で、ビール酵母って何?

画像の説明

そもそもビールって、麦芽を醗酵させてつくられたものなんですね。

麦汁のなかに入れられた酵母は、麦汁の栄養を吸収しながら増え、アルコールと炭酸ガス、つまりビールをつくりだします

これをアルコール発酵といいます。

麦汁が発酵し終わると、おいしいビールに加えて、栄養価いっぱいの「ビール酵母」ができあがる、というわけです。

そしてできたビール酵母は、

アルコールは一切含まれていない、旨味成分だけが凝縮

されたものになります。

そう、体にもやさしく、そして何よりも美味しい!そのビールこそが、

銀河高原ビール 小麦のビール

というわけです。

一般的に流通されているビールとの違いは?

通常の国内のビールであれば主原料は

大麦

が一般的です。

画像の説明

大麦を使うことによって、

が特徴のピルスナーというタイプが主流です。

これに対して銀河高原ビール【小麦のビール】は、名前のごとく

小麦を主原料として飲みやすくするために「大麦」もブレンドした
日本仕様の小麦のビールというわけです。

小麦を原料にいれることによって

- 麦の香りや味わいがまろやか
- 泡持ちがよく
- 独特のこんもりとした甘い泡

を楽しんでいただけます。

飲み方も普段のビールと違うんです!絶対遵守してね!!

銀河高原ビール 小麦のビールが一般に流通されている国内のビールとの違いというのがご理解いただけたのではないでしょうか?

ということは、飲み方にもコツがあります。


画像の説明


用意するもの

銀河高原 小麦のビール 缶でも瓶でもどちらでも可
グラス(ワイングラスだとなお雰囲気が出ていいですね)


【飲み方】

  1. グラスを少々傾けながら、ゆっくりとビールを注ぐ
  2. 一口飲む
  3. その後グラスにビールを注ぐ前に、ビールが入っている瓶や缶を少々振る→ここがポイント!
  4. ゆっくりとビールを注ぐ

という具合にしてお楽しみください。

グラスに注ぐ前に、ビールに入っている瓶や缶を振るのは、

「ビール酵母」が容器の下に沈澱しているから

なんですね。

旨味成分をまんべんなく楽しんでいただきたいので、全体にいきわたるように、グラスにビールを注ぐ前には必ずビールの入った容器を振ってから注いでくださいね。

それでは次よりビールの容量&容器ごとご紹介してまいりましょう。


次のページ→その佇まいがきれいなボトル

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM